ローン返済中・ローンが残っているバイクでも売却することが出来るのか?

バイクを分割払いで購入した場合にバイクの所有者は一般的にバイク販売店もしくはローン会社が支払ってくれます。

 

つまりバイクの所有者は自分になりますが、分割払いを完済していないので名義はバイク販売店もしくはローン会社のモノになるので自分が所有者にならないとバイクを売れないことになりますね。

 

ここでは現在ローンの支払い中のバイクでも売ることが出来るのかどうかについて解説します。

 

バイク買取専門業者ならローン返済中でも売却が可能

ローン返済中・ローンが残っているバイクでも売却することが出来るのか?

ローン返済中のうちは返済が済んでいない残りの金額のことを“ローン残債”または“ローン残高”のことを指します。

 

バイクをローンで購入すると使用者はユーザーの名前になりますがバイクの所有者はバイク販売店やローン会社の名義を借りています。
バイクを売却するためには所有権である名義を自分自身のモノにする必要があります。

 

しかしローン残高があると売却することが出来ず、ローンを完済して始めてやっと売却することが可能になります。

 

その為、これまでのローン残債があるうちは個人で売買することはもちろん、バイク買取業者であっても勝手にバイクを売却することが出来ません。

 

ただし、それは昔の話です!

 

現在ではバイク買取専門業者であればローンの支払いが残っていても、ほとんどの場合はバイクを売却することが出来ます。

 

バイク買取専門業者への主な売却方法

ローン返済中・ローンが残っているバイクでも売却することが出来るのか?

ローンの分割払い中のバイクの売却方法ですが買取価格がローン残高を上回っているとローンの完済が行われて『買取価格−ローン残高』がバイクの売主に支払われます。
多くの場合はバイクのローンの返済処理はバイク買取専門業者が行ってくれます。

 

一方のローン残高が買取価格が超えていた場合はバイク買取専門業者のローン組み換えサービスを利用します。

 

ローン会社をバイク買取専門業者指定の会社に変更することでバイク所有者をもとのローン会社やバイク販売店からバイク買取専門業者へと移します。

 

そうすることでローン組み換えサービスを利用するとバイクを売ることが出来るようになるためバイクの売主は売却金額を現金一括で貰うことが出来ます。

 

ただしこの方法は売主は売却金額を手に入れることが出来ますがバイク買取専門業者のバイクローンが残ることになります。
その為、売主は組み換え後にローンを分割払いか一括払いをしてローンを支払うことになります。

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

原則としてはローン返済中のバイク会社のモノですので売買や譲渡は出来ません。

 

バイク買取専門業者としてもいくつかのケースがありますが、どちらにしてもいったんローン会社の残債を一括清算することから話がは締まってユーザーとして現金補充や分割払いでローンを組み直しということになります。

 

バイク買取専門業者としても一度組んであるローンを崩して、もしくはクレジット審査をするという手間がある訳ですから利息は元のローンよりも低くなることはありません。
バイクを購入する前に自分にそのバイクの身の丈に合っているのか事前に確認しよう。